【カナダ留学】ビクトリアのバスの乗り方完全ガイド【チケットは?値段は?】

ワーホリ
当サイトでは記事内に広告が含まれています。

※この記事ではアフィリエイト広告を使用しています。

カナダ、ビクトリアに観光や留学で来る予定のあるみなさん。ビクトリアの公共交通機関はバスのみです!

悩む人
悩む人

バスにはどうやって乗ったらいいんだろう?チケットはどうやって買うの?

悩む人
悩む人

乗車料金は?治安はいい?時間は正確なのかな?色々気になるなあ…。

という細かい疑問にすべてお答えするべく、今回の記事ではビクトリアのバスについて徹底的にまとめてみました。

それでは早速みていきましょう!




筆者について:バンクーバーで1年間Coop留学ののちワーキングホリデー等でビクトリアに長期滞在した経験あり。

ビクトリアのバスの乗り方完全ガイド【バスの乗り降り】

バス停

【カナダ留学】ビクトリアのバスの乗り方完全ガイド【チケットは?値段は?】

バス停の見た目はこのようになっています。このバス停は比較的大きいもので、何番のバスが止まるかが書いてありますが、何も書いていない看板のみのものもあります。

グーグルマップを使うと、何番のバスがどこに来るかを簡単に調べることができるので、グーグルマップを駆使してバス停を探しましょう!

海外旅行中はGoogleマップを使用して道のりを調べることが多いです。そんな時に便利なのがポケットWi-Fiですよね。短期の旅行などでWi-Fiのレンタルを検討中の方はぜひこちらから↓

海外インターネット
グローバルWiFi

バスの乗り方

バスが近づいてきたら手をあげて、乗りたい意思を示します。人の多いバス停では手をあげなくてもバスは自然に止まってくれますが、自分ひとりが待っている状況だと止まってくれないこともあります(実際に筆者も何回か置いて行かれました)念のため、手はあげるようにしましょう。

また、バスには前方の扉から乗りましょう

運賃を払う

現金、回数券、ワンデーパス、マンスリーパスといった乗り方があります(後述)。

現金の場合は1回2.5ドル(2ドル25セント)です。運転手横の機械に投入しましょう。

なおお釣りはでないので注意してください。現金で払う場合は、2.5ドルぴったり持っている必要があります。

バスの降り方

【カナダ留学】ビクトリアのバスの乗り方完全ガイド【チケットは?値段は?】

バスを降りる際は、窓際のロープを引っ張るか、車内のバーに設置されている赤いボタンを押します。経験上ボタンは反応が悪いこともあるので、ロープが確実です。

前のバス停を過ぎたあたりでロープを引っ張ると、前方上部にあるストップサインが点灯します。

降車

降車の際は後ろの扉から降りましょう。

バスが止まる前に扉の前に移動しておき、開いたらすぐにおります。日本だとバスが完全に止まるまで席を立つな、と言われますが、カナダでは逆です。スムーズな降車のために、扉の前で待機しておくことがほとんどです。

また降りる際は運転手に”Thank you!”と声をかける人が多いので、ぜひやってみてくださいね!

また、バスに乗り込んだ際も、容赦なくすぐに発車されるので、よく転びそうになります(笑)

バスのチケットの種類と値段、買える場所

現金

1回の乗車で2.5ドルです。先述の通りお釣りは出ないので、ぴったり持って乗るようにしましょう。

コインは運転手横の機械に投入します。

クレジットカードやデビットカード等のカード類は使用できません。また、次のバスに乗り換えるまでの時間にかかわらず、乗り換えるたびに2.5ドルが発生するので、バスを乗り継ぐ予定のある方は以下のワンデーパスを買うことをおすすめします。

ワンデーパス

【カナダ留学】ビクトリアのバスの乗り方完全ガイド【チケットは?値段は?】

5ドルで1日乗り放題のチケットが買えます。こちらは車内で買うことができます

買い方は簡単で、バス乗車時に運転手さんにワンデーパスをください(”Can I get a one-day pass?”)と言うだけです。

こちらについてもお釣りは出ない&カード等は使えないので、5ドルぴったり持っておくようにしましょう。そして次回乗車時からは、運転手にワンデーパスを見せるだけです。

1日たったの5ドルとかなりお得なので、2回以上バスに乗る可能性のある方は買っておくことをおすすめします!

回数券(10回分)

【カナダ留学】ビクトリアのバスの乗り方完全ガイド【チケットは?値段は?】

10回分の乗車券を買うことができます。

回数券はバス内ではなく、ドラッグストアやスーパー等で事前に買っておく必要があります。買える場所はHPに記載されています。公式HP→BC Transit – Fares – Victoria

筆者はShoppersで買いました。レジに行き、”Can I buy 10 tickets for bus here?”という感じで聞くだけでオッケーです。

使用する際は、乗る前に1枚切り離しておきます。そして紙幣を入れるところに挿入するだけです。ワンデーパスもこの回数券で買うことができ、その場合は2枚切り取って挿入しましょう。

マンスリーパス

マンスリーパスも回数券と同じく、事前に買っておく必要があります

月初めからのパスになるので、15日以降になると次の月の分を買うことができます。買ったときから1か月ではないので気をつけましょう。

マンスリーパスは小銭を入れるところの手前にあるカードリーダーにスライドさせます。わからなくても運転手さんが教えてくれるので大丈夫ですよ!

料金

大人料金については、以下の通りです。(2023年7月時点)

現金$2.5
ワンデーパス$5.0
回数券(10回)$22.5
マンスリーパス$85.00
BC Transitの公式HPより

シニアや学生料金についてはHPからご確認ください。公式サイト→BC Transit – Fares – Victoria

回数券、マンスリーパスを買える場所

公式サイトで買える場所の一覧が載っています→BC Transit – Fares – Victoria

RexallやShoppersなどの薬局、スーパー、セブンイレブン等で買うことができます。レジで店員さんにバスパスをください、と言うだけで大丈夫です。

気になるポイント

クレジットカード・デビットカードは使えないので要注意!

回数券やマンスリーパスを持っていない場合は、現金がないと乗れません!

しかもお釣りが出ないので、ぴったり持っている必要があります(もちろん多く支払えば乗れますが、もったいないです)

小銭、紙幣は使用可能ですが、カード類は使えません。観光の際はバス代を常に確保しておけるようにしましょう。また、滞在中に何度かバスに乗る場合は回数券も便利です。

便利なアプリは?

まず絶対使用すべきなのが、グーグルマップ!!!!バスの止まる場所、来る時間、乗り換え情報がすべてリアルタイムでわかります。これが無いと生きていけないです(経験談)。

BC Transitのアプリもありますが、使い勝手はグーグルマップのがよかったので筆者は使用していませんが、人によると思うのでこちらも紹介します。こちらのアプリでも来る時間や乗り換え情報がわかります。

治安は?

ビクトリアは公共交通機関がバスしかないので、他の交通機関と比べることはできませんが、バスの治安は悪くないです。筆者はバンクーバー、ビクトリアの2つの都市に住んだことがありますが、ビクトリアの方が治安はいいように感じます。

後部座席も見通しが良くて、死角もない感じがします。後部座席のイスはこのような形なので、見通しがいいです。乗る時間帯にもよりますが、バスは一人でも普通に乗ることができます。とはいえバスで一人で寝ないようにしてくださいね!

時間通りに来る?

時間ぴったりに来ることは少ないです。

2分~10分くらい遅れることが多いです。車社会なので、交通量も多く、なかなか道が動かないこともあります。

バスの路線が多いので、違うバスでも目的地の近くまで行けるというようなことも多々あります。乗りたいバスが送れている場合は、グーグルマップ等でいろいろな行き方を調べてみましょう。

最終バスは?

最終のバスは路線にもよりますが、午前12時前後のことが多いようです。6番のバスなど、午前1時半ごろまで走っているものもあります。バンク―バーと比べると最終は早いです。

バス以外の交通手段は?

公共交通機関はバスしかありません。電車は一切ありません!

そのため、その他の交通手段としては、タクシーもしくはUberを使うことが主流です。また、車社会なので、車を持っている人が多いです。バスは時間に遅れることも多いので、電車に慣れている人は少し不便かもしれません。

関連記事→【簡単】Uberタクシーの使い方!海外で配車をしてみよう

バンク―バーとの違いは?

主な違いは以下の通りです。

・手をあげる、あげない

ビクトリアでは、一人で待っているときは特に、手をあげないとバスが止まってくれないことがあります。バンクーバーでも一応手はあげることになっていますが、人が多いので基本的にバスは止まってくれます。

・チケットの種類

バンクーバーでは日本の交通系カードのような『コンパスカード』がありますが、ビクトリアにはありません。ビクトリアのマンスリーパス、ワンデーパスはビクトリアとその周辺でしか使えないので注意しましょう。反対に、バンクーバーのコンパスカードはビクトリアでは使用できません。

・終バスの時間

バンク―バーは最終のバスが午前3時近くまで走っていますが、ビクトリアは先述の通り早いです。夜遅くまで遊ぶ場合は気をつけてください!

【まとめ】もうバスは怖くない!

【カナダ留学】ビクトリアのバスの乗り方完全ガイド【チケットは?値段は?】

バスの乗り方は日本さえも地域によって違うので難しいですよね。でも事前に乗り方を知っておけば大丈夫です!

ぜひバスに乗る前にこの記事を見返して、参考にしてみてくださいね。

関連記事→【カナダビクトリア観光】Belleville’sでAMハッピーアワーを楽しもう

     大人気のブランチカフェ!JAM CAFÉに行ってきた【おすすめ】【バンクーバー・ビクトリア観光】

コメント

タイトルとURLをコピーしました