カナダビクトリアで買うべき人気のおすすめお土産27選と買える場所を一挙紹介

旅行
当サイトでは記事内に広告が含まれています。

※この記事では広告リンクを使用しています。

カナダのビクトリアはブリティッシュコロンビア州の州都で、海に囲まれたバンクーバーアイランドの最南端の都市です。

雰囲気もよく美味しい食べ物も多く、ビクトリアは観光にもピッタリの都市となっています。

そんなビクトリアで買えるおすすめのお土産25選を、ビクトリアでワーホリ経験のある筆者が紹介していきます!

メープル関連商品

メープルシロップ

カナダ土産の定番、メープルシロップ。かわいいメープルの形の瓶にはいったものも多く、小瓶から大きいものまでお土産用のメープルシロップはたくさん売られています。

やはりカナダといえばメープルシロップというイメージがあるので、定番のお土産として一つは買っておいて損はないでしょう。

スーパーはもちろん、ガバメントストリート(ビクトリアのダウンタウン)にはたくさんギフトショップがあり、そこでもたくさんのメープルシロップが売られています。

メープルクッキー

メープルはシロップだけではありません!様々なお菓子のメープルフレイバーが人気ですが、その中でも定番なのがメープルのクッキー。こちらもメープルの葉っぱの形のものが多く、見た目もかわいらしいのが特徴です。

クッキーはバラマキ用にもおすすめで、誰にでも渡しやすい人気のお土産。いくつか種類があるので、何種類か買っておくと便利なはずです。

メープルティー

メープルフレイバーの紅茶もお土産におすすめです。かわいい箱に入ったものが多く、おしゃれでちょっと他とは違うカナダのお土産をあげたいときは紅茶という選択肢もあります。

紅茶のパックなどでサイズが小さめでかさばらず、持って帰りやすいのもおすすめポイントの一つで、個包装のものであればバラマキ用にも使えます。

メープルキャンディ

メープルの形のキャンディも売られています。キャンディもあげる相手を選ばない定番のお土産の一つでしょう。バラマキ用にもすることができます。

メープル関連の商品は、メープルシロップそのものをあげるよりもお菓子系をあげる方が使い勝手がいいだろうと思い、筆者が一時帰国をする際はいつもお菓子を買うようにしています。

created by Rinker
¥5,475 (2024/07/23 04:18:30時点 楽天市場調べ-詳細)

サーモン関連商品

サーモンの燻製

カナダではサーモンも有名です。カナダではAtrantic SalmonとSockeye Salmonの二種類がよく食べられており、新鮮でおいしいサーモンを食べることができます。また、カナダではお寿司にサーモンがよく使われています。

そのため、ギフトショップではサーモンの燻製も売られています。燻製は日持ちもするので安心です。少し高めになりますが、甘くないお土産が欲しいという方におすすめです。

サーモンジャーキー

サーモンのジャーキーもカナダ土産の定番です。こちらもカナダ名物のサーモンを使用したもので、お酒が好きな人、おつまみ系が好きな人におすすめの商品となっています。

こちらも少し高いですが、カナダでサーモンが有名なことは知らない人が多いと思うので、意外性のあるお土産としておすすめです。

アイスワイン

カナダで有名なお酒と言えば、アイスワイン。とても甘いデザートワインとなっています。かなり甘いので、食事と一緒に飲むというよりは食後やおつまみと一緒に飲むのに向いています。甘いお酒が好きな人におすすめです。

カナダではお酒はリカーショップ(酒屋)でしか買うことができません。ギフトショップやスーパーでは手に入れることができないので、リカーショップに行くようにしましょう。年齢確認をされるので、身分証を持って行きましょう。BC州のお酒に関することは以下の記事で細かく解説しています。

ビール

ビクトリアにはブリュワリー(ビールの醸造所)がたくさんあり、各ブリュワリーでバラエティ豊かな地ビールを製造しています。お酒が好きな方は、絶対に訪れてほしいスポットの一つです。

有名なブリュワリーとしては、Phillips Brewing & Malting Co.Lighthouse BrewingDriftwood Breweryなどがあります。

各ブリュワリーでは缶ビールの販売もしており、さらにロゴ入りのTシャツやタンブラーなどのブリュワリー独自のグッズもかわいいのでお土産におすすめです。

カナダではIPA、Pale Aleなどのビールが人気で、日本のビールとの味の違いも楽しんでみてください。

スーパーのお菓子

コーヒークリスプ

コーヒークリスプはカナダ生まれのチョコレートバーです。ウエハースとコーヒー風味のソフトキャンディで構成されており、北米感のあふれる甘いスナックとなっています。

スーパーで安くたくさん買うことができるため、バラマキ用にもおすすめです。

ツーバイトブラウニー

病みつきになること間違いなしの濃くておいしいブラウニー、ツーバイトブラウニー。カナダのスーパーには基本的にどこでも置いてあり、ひと箱6ドルほどしますがとにかく美味しいお菓子として人気が高いです。

日本の留学生の間でも人気の高いお菓子なので、そのおいしさは保証します。クルミ入りのものもあります。

ケチャップ味のポテトチップス

カナダではケチャップ味のポテトチップスの消費量が世界一!スーパーに行くと、ケチャップ味のポテチがたくさん並んでいます。カナダ以外の国ではあまり見ないフレイバーなので、実は隠れたカナダ名物なのです。味は酸味が強めなので、酸っぱい味が好きな人におすすめです。

なお、ポテチのブランドもLays、Ruffles、Old Dutchなど日本ではあまり見かけないものがたくさんあります。ぜひ食べ比べてみてくださいね。

チップスアホイ

アメリカ発のお菓子ですが、日本では販売終了しており手に入れることができないので紹介します。甘みの強いチョコレートチップクッキーで、チョコレートの割合が多いのが美味しさの秘訣です。

青のパッケージがオリジナルですが、ソフトクッキー三種のチョコチップが入ったものなど、チョコレート好きには大満足のクッキーとなっています。

ミニサイズもあるので、お土産として買いやすいでしょう。

マカロニチーズ

北米の家庭料理の定番、マカロニチーズ。茹でたマカロニにチーズソースをかけただけのシンプルな料理ですが、マカロニの食感と濃厚なチーズソースがおいしいです。

マカロニチーズには作成キットがあります。スーパーやDollarama(カナダの1ドルショップ)などで買うことができ、ひと箱2ドル前後なので値段的にも買いやすいです。牛乳、バターがあれば電子レンジだけで簡単に作ることができるので、自分で試してみるのにもおすすめです。

ティムホートンズのコーヒー

カナダの有名人気ドーナツチェーン、ティムホートンズ。カナダではマクドナルドよりも店舗数が多く、ドーナツは1ドル代で買うことができるので物価の高いカナダでの強い味方となっています。朝は特にコーヒーとドーナツを買う人でにぎわい、また、甘い物だけでなくラップやボウルなどの食事系もおいてあります。

そしてスーパーでは、このティムホートンズのインスタントコーヒーが売られています。日本にいる多くの人はティムホートンズのことを知らないと思うので、カナダらしく珍しいお土産になること間違いないでしょう。

キーホルダー

お土産の定番、キーホルダー。ビクトリアのダウンタウンのガバメントストリートにあるギフトショップでは、お土産に定番のアイテムを多数取り揃えています。

キーホルダーの種類も豊富で、カナダの国旗や山々、クマ、グース、ヘラジカなど、非常にカナダらしいデザインのキーホルダーがたくさん見つけられるでしょう。

created by Rinker
¥550 (2024/07/22 17:17:25時点 楽天市場調べ-詳細)

ステッカー

カナダの風景などがデザインされた大きなステッカーが売られています。

種類も豊富で、スーツケースなどに貼るのもおすすめです。かさばらず持ち帰りにも向いているので、まとめ買いをすることもできます。デザイン性も高く、カナダのお土産用のステッカーはとてもかわいいです。筆者もいくつか買って、スーツケースに貼ったり、友人へのお土産にしたりしたことがあります。

カナダTシャツ、パーカー

ギフトショップには衣服もたくさん売られています。Tシャツ、パーカー、キャップ、靴下、カバンなどがあり、デザイン性も高く種類も豊富です。

観光地のTシャツというよりも、普段使いもできるかっこいいものも多いのが特徴で、筆者も友人にカナダTシャツをプレゼントしたことがありますが、普段から着てくれています。

カナダのブランド

カナダに来たらカナダのファッションブランドもチェックしましょう。アークテリクス、カナダグース、ルーツなどの冬用のアウトドアブランドが多いのが特徴的です。

山登りが好きな人やアウトドア好きの人へのちょっといいお土産としてもおすすめです。ビクトリアのダウンタウンやショッピングモールなどで探すことができます。カナダのブランドについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

MAC

実は化粧品ブランドのMACはカナダのトロント発なんです!

日本でも購入することはできますが、カナダの方が比較的安く買うことができ、またカナダにしかない色や商品もあるかもしれません。ショッピングモールやデパートなどで買うことができ、女性へのお土産におすすめです。

ショットグラス

地域ごとにデザインの違うショットグラスが売られており、どこのギフトショップにもある海外定番のお土産の一つです。バンクーバーとビクトリアでも全然違うデザインのものが売られているので、都市ごとにショットグラスを集めてみるのもおすすめです。

ショットグラスはインテリアとしてもかわいいので、お酒を飲む飲まないにかかわらずプレゼントとしておすすめです。また小さくて持ち運びもしやすいので、色々な種類を買うこともできるでしょう。

タンブラー・マグカップ(スタバ、ティム)

スターバックスティムホートンズなどでは、カナダならではのタンブラーやマグを買うことができます。カナダに来た記念に買ってみるのもおすすめです。カナダで買えるマグ、タンブラーについては以下のサイトを参考にしてみてください。

Tim Hortons Merchandise: Travel Mugs & Thermalware

Tumblers: Starbucks Coffee Company

Chocolate & Co.

ビクトリアのダウンタウンにあるチョコレート店です。ビクトリア地元のチョコレート屋さんで、かわいくておいしい高級感のあるチョコレートを買うことができます。

店内の雰囲気もよく、海外らしいおしゃれなお店に行ってみたいという方は、ぜひ一度覗いてみてください。

ちょっといいプレゼントやお土産を買いたいときにおすすめです。

Chocolats Favoris

ビクトリアのダウンタウン、ガバメントストリートにあるソフトクリームのお店で、ソフトクリームをチョコレートにディップしてくれるのが特徴的です。

とても人気が高く、特に夏はいつも列ができているほどです。ケベック発祥のお店ですが、西海岸にはビクトリアにしかありません。もともとがチョコレート屋さんなのでチョコレートの質がとてもよく、おいしいです。店内ではチョコレートも売っています。ぜひソフトクリームを食べに来た際は、お土産にチョコレートも買ってみてくださいね。

Roger’s Chocolate

こちらもビクトリア生まれのチョコレートブランドです。1885年から続く歴史あるお店で、ダウンタウンやアップタウンなどいくつか店舗があります。

缶なども入れ物かわいく、見た目的にも喜ばれること間違いなし。様々な種類の高級感あふれるチョコレートを買うことができるので、ちょっといいお土産におすすめです。

Murchie’s Fine Tea & Coffee

こちらもガバメントストリートにある紅茶の店です。紅茶と焼き菓子の種類が豊富で、とても大きなカフェとなっておりこちらも行列のできる人気店です。

店内にはギフトショップが併設されており、紅茶の茶葉やマグを買うことができます。筆者のおすすめはロンドンフォグで、ロンドンと名が付きながらカナダ発祥の紅茶のフレイバーです。アールグレイベースの甘くておいしい紅茶なので、甘い紅茶が好きな人はぜひ試してください。

Russel Books

ダウンタウンにある本屋さんです。古本屋として知られており、何と日本の本も販売されています。英語の本や絵本はもちろん、エコバックやしおりなどの小物もあるのでお土産を買うことができます。

他とは違うおしゃれなお土産として、洋書を買っていくのもいいかもしれません。

Phillips Brewing & Malting Beer Shop

ビクトリアで有名なブリュワリーの一つです。ダウンタウンから歩いてすぐに行くことができ、中では美味しい地ビールの飲み比べなどが楽しめます。

個のブリュワリー内にはギフトショップが併設されており、ロゴの入った服や帽子、缶ビールなどを買うことができます。おしゃれなデザインのものが多く、またビールの缶のデザインもとてもかわいいです。お土産探しに困ったら、一度訪れてみることをおすすめします。

カナダビクトリアでお土産が買える場所

Walmart

スーパーではお菓子や雑貨、食品系のお土産を買うことができます。バラマキ用の大量購入にもおすすめで、値段が安めなのでとにかく量を買いたいというときにおすすめです。

Walmartはビクトリアのアップタウンにあるものがアクセスもよく、大きいです。アップタウンは色々なお店が集まった大型のショッピングモールなので、お土産探しに役立つ場所です!

Dollarama

カナダの100円ショップ、通称ダララマ。1ドルとまではいきませんが、かなり安く物を買うことのできるお店で、日本の100円ショップのように使うことができます。文房具や生活雑貨、掃除用品やお菓子、食品などの品ぞろえも豊富です。

お菓子や食品系のお土産、カナダの国旗やシールといったグッズ系のお土産を探しているときにはおすすめです。

ショッピングモール

ビクトリアにはショッピングモールがいくつかあります。カナダのファッションブランドや雑貨屋さん、スーパーなどがいくつも入っているので、お土産を一気に探したいときはぜひショッピングモールへ。ビクトリアのショッピングモールは、以下のものが有名です。

Uptown(アップタウン)

Mayfair(メイフェア)

Bay Centre(ベイセンター)

Tillicum Centre(ティリカムセンター) など

Fisherman’s Whalf(フィッシャーマンズワーフ)

ビクトリアの人気観光スポット、Fisherman’s Whalf。海に囲まれたエリアで、ここではフィッシュアンドチップスが有名です。ここにはかわいいギフトショップがあり、海にちなんだおしゃれなアクセサリーなどを買うことができます。

いわゆる「ザ・お土産」というようなものではなく、ビクトリアローカルのおしゃれな雑貨屋アクセサリーを買いたいという人におすすめです。Fisherman’s Whalfに観光に訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてください。

ガバメントストリート

ビクトリアのダウンタウンの観光におすすめのストリートです。インナーハーバーへとまっすぐ抜ける通りで、おしゃれなカフェが立ち並び、雰囲気は異国情緒が漂う素敵なエリアとなっています。

ここにはたくさんの数のギフトショップがそろっており、ここに来れば間違いなくカナダ土産が手に入ります。カナダ定番のお土産はここに来れば大丈夫と言えるでしょう。

また、ガバメントストリートには先述のMurchie’sやChocolat Favorisなどの人気店もあり、ビクトリア観光には外せないスポットです。

メープルシロップだけじゃない!カナダビクトリアのお土産はたくさん

カナダはメープルシロップだけではありません!ビクトリアのお土産は種類がたくさん!

食べ物から雑貨まで、カナダビクトリアならではのものは意外とたくさん存在します。

ビクトリアの街歩きを楽しんで、素敵なお土産をさがしてみてくださいね。

\海外のお土産を取り寄せ!おうちで海外旅行気分/

旅のお土産・お取り寄せサイト「JTBショッピング」

メープルシロップ、カナダワイン、チョコレート、サーモンなどのカナダ土産を多数掲載!

忙しくてなかなか海外旅行に行けない…という人におすすめ!

おうちにいながら海外旅行気分が味わえる♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました