【Coop】実際どのくらい稼げる?具体的な収入も紹介!【実体験】

留学
当サイトでは記事内に広告が含まれています。

※この記事ではアフィリエイト広告を使用しています。

カナダで人気の留学プログラム、Coop。

Coopプログラムを使って留学しようかと迷っているみなさん、留学費用の心配をしていませんか?

悩む人
悩む人

勉強しながら仕事もできるって聞いたけど、実際どれくらい稼げるの?

悩む人
悩む人

留学に行きたいけどお金が心配だなあ…現地の収入で生活費はまかなえるかな?

というみなさんのために、この記事では、バンクーバーで1年間Coop留学を経験した筆者が、1年間でどれくらい稼ぐことができたかについて、そのリアルな収入をご紹介します。

それでは早速見ていきましょう。




Coop留学、実際どのくらい稼げる?

Coop前半(週20時間就業)のとき

週20時間ちゃんと働けた場合で、最低時給15.65(2022年当時)×週20時間×4週=1,252CADでした。これにチップがプラスされます。チップはお店や時期、どれくらいシフトに入れるかにもより、チップだけで1カ月で1,500CAD近くもらえることもあれば、100ドル未満のこともあります。

ちなみに、筆者が住んでいたシェアハウスの家賃は650ドルでした。働き始めたすぐは、シフトをたくさんもらえないことも多くあるため、家賃くらいは最初の給料で賄えるかな、というくらいです。

筆者
筆者

20時間フルでは入れるとは限らないので、上の計算式は理想の数字です。ちなみに筆者の最初のシフトは、週8時間くらいでした…。そのため月給は500ドルくらいで、チップを入れても600ドルくらいでした。

ただし、しっかりシフトに入れるようになってチップも増えてくると、週20時間の労働でも暮らしていけるだけのお金を稼ぐことができます。(2,000ドルくらい稼げる可能性もあります)

Coop後半(週40時間就業)のとき

週40時間ちゃんと働けた場合で、最低時給15.65(2022年当時)×週40時間×4週=2,504CAD。シフトにきっちりは入れた場合、日本の初任給より少し稼げるくらいの額が稼げます。シフト日数、時期やお店にもよりますが、これにチップがプラスされるので、3,000CADほど稼げることになります。

ここまでくると、生活費どころか貯金もできちゃいます。生活にもだいぶ余裕ができますし、カナダでの稼ぎのみで生活することが可能です。

筆者は4カ月ほどで日本円にして100万円ほど貯金ができた経験があります!

筆者
筆者

Coop留学では、がっつり貯金が可能です!!!最低時給が高いことに加えチップがあるので、フルタイムで働き始めるとかなり余裕を持った生活ができるようになります。

40時間がっつり働けなくて困った、という場合は、転職や掛け持ちもできます。Coop中だからといって、1つの職場のみで働かなければならないという決まりはありません。筆者の同僚も、掛け持ちをしている人が多かったです。

Coop先はどこか1つのみでいいので、掛け持ち先も探してみてもいいかもしれません。

チップについて知っておくべきこと

平均チップ額

最低時給で働く場合は、チップの収入が見込まれています。カフェやレストランの時給は最低価格であることが多いですが、それはチップがもらえるためです。チップによる収入は、海外で働くうえでとても重要なのです。

チップはお会計の15パーセント~20パーセントくらいが平均です。ただしそれが全部自分に入るわけではありません。バンクーバーでは、キッチンの人を含むその日働いていたスタッフで分けることが多いです。また、レストランによっては新人スタッフは取り分が少ないということもあります。

また、あとで触れますが、時期によってチップ額の平均にも差が出ます。

筆者
筆者

100ドルのお会計であれば、15ドル~20ドルがチップです。夏の忙しい時期は、チップだけで1か月に1,500ドルくらいもらっていました。チップの影響は相当大きかったです。

チップの配分も店によって異なりますし、高級店であれば1つの会計あたりのチップ額も当然大きくなります。

職場選びをする際は気をつけてみましょう。

時期によって差がある

バンクーバーの繁忙期は夏です!バンクーバーでは冬は雨が多く、客足は本当に少なくなります。ダウンタウンにあるお店ならば安定してある程度はお客さんが来るイメージですが、海辺や観光地付近では、夏と冬の差はものすごく激しいです。

そのため、自分の渡航時期も踏まえて職場探しができると理想です。月にもらえるチップに1,000CADくらいの差がでたりすることもあることを踏まえると、この問題はけっこう重要なのです。

筆者
筆者

筆者の職場は、ダウンタウンから離れた海辺のジャパニーズレストランでした。そのため冬は本当に静かで、1回のシフトでお客さんが1組なんてこともしばしば!そのためもらえるシフトも少なくなりますし、必然的にチップも少なくなります。

こういった時期による影響を回避するためには、ダウンタウンエリアにあるお店で働くことをおすすめします。

シフト数によって差がある

当たり前ですが先述の通り、シフトに入ったときのみチップがもらえるので、シフトが少なければチップもすくなくなります。また、昼か夜か、平日か週末かでもチップ額は変わります

面接時に、週にどれくらい入れそうかを聞いたり、自分の希望を伝えたりできるといいでしょう。

特にCoop前半の20時間しか働けない中では掛け持ちが難しいので、安定してシフトに入れるところを探せるといいと思います。

筆者
筆者

筆者は学校が夜にあったため夜のシフトに入れず、お昼のみしかも週に2日くらいしかシフトをもらえなかった経験があります。しかも当時は冬だったので、チップはゼロに等しかったです(半月で20ドルとか)!!

面接時は相手の質問に答えるだけでなく、自分の希望もしっかりと伝えるようにしましょう…。

店の価格帯によって差がある

他にチップ額を大きく左右する要件は、お店の価格帯です。カジュアルな店やファストフード、カフェであれば、1回のお会計でチップはゼロか数ドルでしょう。しかし高級店で働けば、当たり前ですが1回のお会計額が大きいためチップ額も増えるものです。

仕事を探す際は、お店の価格帯も気にしてみるようにしてください!

筆者
筆者

筆者の職場は、高級寄りのジャパニーズレストランと、ファストフード寄りのお寿司屋さんでした。

高級なほうはお酒も出すため、1つの会計当たりのチップ額は大きかったです。ただしファストフードの方も、とにかくお客さんが多い繁盛店だったため、1日で50~80ドルほどのチップをもらえていました!

チップの分配の割合

もう一つ気になるのが、チップの分配の仕方です。これはレストランや地域によって異なるので一概には言えませんが、バンクーバーではチップは通常ホールとキッチンで分け、50パーセントずつのところもあれば、キッチンが30%、ホールが70%など、ウェイトレスが優遇されるところもあります。

また、店によっては自分の担当テーブルのチップは自分で総取りすることもありますが、バンクーバーではその日働いているスタッフで分け合う場合がほとんどです。

また、新人はチップの割合が低いということもあります。

こちらも重要なことなので、面接時に確認しておきましょう。チップの流れは店側が透明にしておかないといけませんが、不透明であることも多いので、自分は何パーセントもらえるのかは確認しておいた方が安心です。

筆者
筆者

筆者の職場では新人は30%ほどしかもらえないという決まりになっていました。働いていくにつれてもらえる割合が増えていくのですが、筆者の割合はなかなか上げてもらえず(あとから入った人が先に上がっていた)マネージャーと揉めたこともあります…。自分の主張ははっきり言いましょう!

具体的な収入と生活の様子

おおよその月収、生活費(Coop前半・週20時間労働)

2022年1月の筆者の月収は以下の通りです!

給料1   767.38CAD
給料2367.42CAD
チップ300CAD
1434.8CAD
※カナダでは給料日は月2回です

先述の通り、家賃は650ドルでした。余裕があるというわけではないですが、20時間労働でもこれくらいは稼げていました。ただし当時も、週20時間しっかりはシフトに入れていませんので、フルで働ければもっと稼げるでしょう。

なおチップがもらえるタイミングはレストランによります。日ごとにもらえる場合や、給料日にまとめてもらえる場合、ある程度溜まってきたらもらえる場合など、レストラン次第です。

筆者
筆者

筆者はかなり節約をして生活していたのでこの給料でも賄えていました(笑)

遊びに行ったり外食が増えたりするとけっこう厳しいかもしれないので、初めのうちは日本での貯金があるといいです!日本でアルバイトで働くよりは稼げるので、けっこう稼げるんだ、と思うかもしれませんね。

おおよその月収、生活費(40時間)

2022年8月の筆者の月収は以下の通りです!

給料1   985.31CAD
給料2962.34CAD
チップ1,060CAD
3,007.65CAD

月をまたいでもらったチップは加算していないので、実際はこれより500ドルくらい多いです。

額を見てもわかるように、週40時間で就労を始めるとかなり稼ぐことができるでしょう。チップだけで1,000CADを超えているので、やはりチップが大きいことがわかると思います。

貯金も可能ですし、遊びに使うお金もだいぶ余裕が出てくるのではないかと思います。

筆者
筆者

筆者は約5カ月で100万円ほど貯金ができました。かなり遊んだので、もう少し節約すればもっと貯金できたな…という感じです(笑)

40時間働くようになれば、金銭面に余裕が出ることは間違いなしです。ちなみに筆者は、40時間フルで働けてはいませんでしたが、これくらい稼げていました

現地の稼ぎのみで生活可能

悩む人
悩む人

現地の稼ぎのみで生活は可能ですか?

という質問に対する答えは、余裕で可能!むしろ貯金もたまります!

また、留学の際にかかった初期費用以上に稼ぐことができると思います。留学がしたいけど金銭面が気になる…という方でも、仕事をしてちゃんとお金を稼ぎながら勉強ができるCoopプログラムはおすすめです。

Coopr留学はエージェントを通そう

留学は、エージェントを通すことをおすすめします。

ビザや学校の入学書類、ホームステイの手配など、一人では難しい部分がたくさんありました。特に初めてカナダに行く場合、カナダの移民局にアカウントを作ったり、ビザの手続きで大使館に行ったりと、一人でやるとミスが起きそうな場面がいくつかあります。

留学を思い立ったら、ぜひ一度、エージェントの無料カウンセリングから始めてみてくださいね。

手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】


カナダジャーナルはカナダ留学に特化したエージェントで、現地オフィスがバンクーバーのダウンタウンにあります。現地でのサポートも得ることができ、自分に合ったCoopプログラムを見つけることが可能です。

まとめ

筆者の実体験を基に、Coopでどれくらい稼ぐことができるか、具体的な収入について紹介しました。

Coop前半(週20時間労働)の月収は1,500ドル程度

Coop後半(週40時間労働)の月収は3,000ドル程度

チップは収入に大きく影響する

仕事選びは慎重に

現地の稼ぎのみで生活可能(貯金もできる!)

Coopプログラムを使って留学したいと考えているみなさん、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!みなさんの留学が、実り多いものになることを願っています!

参考記事はこちら→【カナダワーホリ・Coop】仕事探しの方法5選と応募のコツ 

         【ワーホリ・Coop】Indeedでの仕事の探し方解説【簡単】

コメント

タイトルとURLをコピーしました