ワーホリで英語力は伸びない?留学中に本気でペラペラになりたい人へ! 

留学・ワーホリ
当サイトでは記事内に広告が含まれています。

ワーホリに行っただけでは英語力は伸びない、と巷では噂されていますが、実際はどうなのでしょうか?

この記事では、

やる気のある人
やる気のある人

ワーホリは意味ないなんて言わせない!ワーホリで英語が話せるようになりたい!

と思っているみなさんのために、カナダワーホリを経てオンラインで英語講師をしている筆者が以下のことについてまとめまていきます。

✅ワーホリで英語は話せるようになるか

ワーホリ中の効果的な英語勉強法

✅ワーホリに必要な英語力

✅ワーホリ中は語学学校に行くべきかどうか

それでは早速見ていきましょう。

一年のワーホリじゃ英語力は伸びないの?

一年の海外生活だけでは英語は話せるようにならない!

よくある勘違いが、「海外で生活をすれば自然と英語が話せるようになるでしょ」というものです。しかしこれは大きな間違いで、たった一年のワーホリ(ワーホリビザの期限は一年)で英語が話せるようにはなりません。筆者の周りでも、一年間留学をしていても英語が全然上達しなかったという人がたくさんいます。きっとみなさんの周りにもいるのではないでしょうか。

留学から帰ってきても、日本で真面目に英語を勉強していた人と大差ないレベル…ということもよくあります。これはワーホリであれ語学留学であれ言えることで、留学プログラムにかかわらず、英語圏で生活していても英語はできるようになりません。英語が伸びない主な原因は以下のの通りです。

✅日本人ばかりとつるんで、毎日日本語を話してしまう

英語力をあまり問わない仕事(ジャパニーズレストランやキッチンなど)をしている

自分から英語の勉強をしない

とはいえ一年で英語力がぐんと伸びる人もいる

たった一年のワーホリじゃあ英語は無理か…とあきらめるのはまだ早いです。たった一年でも、英語をものすごく上達させている人もいます。ペラペラとまではいかないものの、日本にいた頃よりもずっと話せるようになったり、英語が聞き取れるようになったり…という人もいるのが事実です。

そういった人たちは、留学生活をただ過ごすだけでなく、一人の時間にしっかりと英語の勉強をしています。文法や単語の暗記など、実は基礎の部分をもくもくと勉強している人が多いのです。自分で勉強をしたのちに学校や仕事で英語を話してアウトプットしていけば、英語力はどんどん伸びていきます。

筆者もCoop留学からのワーホリで二年間カナダに滞在したのち、オンラインの英語講師ができるようになるまでに英語力を伸ばすことができました。限られた時間で英語力を伸ばすには自分自身の努力が不可欠です。

長期留学で英語が話せるようにならないのはもったいない!

高いお金をかけて海外に来たのに英語を話せるようになれなかったらもったいないですよね。

例えば筆者の滞在していたバンクーバーでは、日本語だけで生活ができてしまうほど日本人が多く暮らしていました。日本語に頼りすぎると、いつまでたっても英語話せるようになりません。実際に筆者も、何年もカナダに住んでいるのに全然英語が話せないという人を見てきました。

「英語を話す」だけが留学の目的ではないですが、やっぱり英語力はあって損がないもの。ワーホリに行く方は、ぜひ英語の勉強にも力を入れてみましょう!

ワーホリ中の英語勉強方法6選!ペラペラになりたい人必見

一人でできる勉強法

超初心者さん向け!まずは基礎から学べる本を一冊

ワーホリに行く前から英語の勉強をしていくことをおすすめします。英語がある程度話せる状態で渡航すると、仕事が見つけやすい、友だちを作りやすい、ホームシックになりにくいといったメリットがたくさんあります。

英語をしっかり学び直したい、まだあまり自信がないと考えている方は、やはり教科書が必要です。良い教科書を一冊決めて、それに絞ってじっくり勉強をしてみましょう。一冊程度であればかさばらないので、ワーホリ先に持って行くことも可能です。

インスタグラムやYouTubeで英語の勉強ができる現代ですが、基礎的な文法や語彙力を上げることは大切です。

オンライン英会話を活用

ワーホリをする方は、「急いで実践的な英会話力を身に着けたい!」と思う人も多いでしょう。そんな時に役立つのが、オンライン英会話です。

オンライン英会話では、フリートークやロールプレイなど、教科書以上の実際に使える英会話表現をたくさん学ぶことができます。さらに、勉強はしてきたけどこれまであまり英語を話したことがないという人でも、英語を話す機会を得ることができます

渡航前でも渡航中でも、いつでもどこでもできるオンライン英会話は、英語学習の強い味方です。

おすすめオンライン英会話

ネイティブキャンプ:予約不要・24時間いつでも回数無制限のレッスン(7日間無料体験)

24時間オンライン英会話スクール EFイングリッシュライブ:ネイティブ講師・24時間いつでもレッスン可能、グループレッスンあり(一週間無料体験)

ワールドトーク:日本人講師によるレッスンなので日本語での質問可能(最大3回の無料体験)

YouTubeや動画配信サービスで英語に触れる

YouTubeインスタグラムなどを活用して英語を勉強することもおすすめです。こちらはリスニングに効果的で、実際に使えるフレーズをネイティブから学んだり、リスニングチャレンジをしたりして楽しく英語を覚えることができるでしょう。おすすめのYouTubeチャンネルについては【ジャンル別】英語学習におすすめのYouTubeチャンネル15選 の記事で紹介しています。

また、NetflixAmazonプライムのような動画配信サービスを現地の国で契約すると、英語字幕や字幕なしで動画を観ることができるようになります。

好きな映画やドラマを見ながら英語を覚えることができるようになるので、ぜひ活用してみましょう。

ワーホリ中だからこそできる勉強法

友達をたくさん作る

留学は自分が勉強してきた英語を使ってみるアウトプットの場です。自分で英語を勉強したあとは、実生活で学んだことを使ってみましょう。学校や職場などで積極的に友達を作り、遊びに行ったりご飯に行ったりしてたくさん会話をしましょう。

その日言えなかった単語や表現などを後から復習することも効果的です。友達作りについては、留学ぼっちでも気にしない!ひとりぼっちを楽しむ方法4選と友達作りのコツ の記事で詳しく紹介しています。

イベントに参加してみる

学校イベントMeetupなどで開催されるイベントに参加し、英語を話す機会を自分から見つけに行くこともできます。イベントでは新しい人との出会いもあり、友達を作ることもできます。

Meetupとは以下のようなアプリとなっています。

Meetupは、出会いを求め、新しいことを学び、サポートを見つけ、日常に刺激を与え、情熱を追求する仲間を見つけるためのプラットフォームです。 

Meetup | 地域のグループ、イベント、アクティビティを探す

Meetup上ではお喋り言語交換ゲームアウトドアなど、日々様々なイベントへの参加が募集されているので、都合の合うものに参加してみましょう。アプリへの登録は無料で、イベントの参加費はイベントごとに異なります。無料のものも多いです。

筆者が実際にMeetupに参加した様子はバンクーバーでMeetupを使ってみたレポ!留学中の友達作りや英語の勉強にもおすすめで詳しく紹介しています。

Meetupなどのイベントでは、出会い目的の人や怪しい勧誘目的の人も一定数いることがあります。イベントに参加する際は、安全面にはくれぐれも気をつけるようにしてください

英語を話す機会の多い仕事を探す

職種によっては英語を一切話さなくても大丈夫なものもあります。ジャパニーズレストランのキッチンやディッシュウォッシャーなどがその一例で、同僚も日本人かつ接客もしないとなると、英語を話す機会はほとんどなくなってしまいます。

また、サーバーであってもジャパニーズレストランでは同僚がほとんど日本人であることが多く、接客時くらいしか英語を話しません。接客英語はワンパターンなので、あまり英語が伸びないかもしれません。

そのため、現地のローカルのレストランやカフェなど、同僚にネイティブが多い職場を見つけられると、英語を使う機会は多くなるでしょう。もちろんそういった場合は、始めから高い英語力を必要とします。

ワーホリで英語力が伸びる人の特徴

英語のレベルを上げる目標が決まっている

「何となく英語できるようになりたいな~」という人よりも、強い目的目標がある人のほうが英語が伸びやすいです。例えば以下のような目標があげられます。

✅TOEICで900点以上取る

✅IELTSで6.0以上取る

✅映画を字幕なしで観れるようになる

ネイティブの友達をたくさん作る など

英語ができるようになってどうなりたいのか、という目標を立てると、モチベーションを維持しやすくなります。

将来の仕事に関する目標がある

以下のような目標も、英語学習を続けるうえでモチベーション維持に効果的です。

✅日本に帰って外資系企業で働く

✅英語の先生になる

✅海外就職を目指す

翻訳や英語ブログなどで在宅ワーカーになりたい など

英語ができることは、特に日本で就職をするうえで大きなアドバンテージとなるでしょう。英語が話せるようになると世界が大きく広がります。

そもそもワーホリに必要な英語力は?

ワーホリでは英語力をそこまで必要としない仕事も多くあります。そのため、実はそれほど高い英語力は必要としません。最低限、✅自信を持って英語が話せるか✅あいさつ、注文等の最低限の英会話ができる✅多くの単語を知っているといったレベルの知識があれば大丈夫です。

しかし、レベルの高い仕事やネイティブ環境で働きたいとなれば、スムーズに英語を話す必要が出てくるでしょう。

英語力については英語力ゼロでもワーホリしたい!話せないけど仕事できる?【カナダワーホリ】の記事で詳しく紹介しています。

ワーホリでは語学学校に行くべき?

ワーホリでは語学学校に通うこともできます。国によって通学できる期間は異なり、例えばカナダではワーホリビザで6カ月までの通学が可能になります。

語学学校に行くメリット

友達ができる

英語の勉強をしざるを得ない環境になる

語学学校に行くデメリット

費用が掛かる(1カ月10万円前後)

就労時間が減る、もしくはスケジュール管理が大変になる

英語がある程度できる人は語学学校に通う必要はなく、独学と生活の中で英語を学ぶことをおすすめします。

ワーホリで英語力が伸びるかは自分次第!

一年間ワーホリをしても英語が話せるようにならなかった…という人は実は想像より多くいます。

しかし自分の努力さえあれば、ワーホリは英語力を伸ばす絶好のチャンスです!

周りの留学生と差をつけるためにも、ぜひ自分から英語の勉強をがんばりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました