バンクーバーのバスの乗り方完全ガイド【留学・ワーホリ】

ワーホリ
当サイトでは記事内に広告が含まれています。

※この記事ではアフィリエイト広告を使用しています。

バンクーバーに来る予定のあるみなさん。

留学先として人気のブリティッシュコロンビア州の都市、バンクーバーで主要な交通機関となるのが、バスです。

バスの乗り方って、日本であっても地域によって違うことがあってややこしいですよね。それが海外ともなると、

悩む人
悩む人

どうやってバスにのったらいいのかわからない…心配だ…

となること間違いなしです。

そこでこの記事では、留学で1年間バンクーバーに長期滞在していた筆者が、ブリティッシュコロンビア州のバスの乗り方を徹底解説していきます!




バンクーバーのバスの乗り方完全ガイド

バス停

バス停は日本とそんなに変わりません。上の写真のような屋根のあるちゃんとしたところから、

こんな小さな看板のみのところもあります。バスの番号が番号が書いてあるので、どのバスがこのバス停に止まるかがわかるようになっています。

時刻表はあるところとないところがあるので、基本的には、自分で携帯を使ってバスの発着時間を調べる必要があります。

バスは勝手に止まってくれる、前乗り

日本と同じく、バス停に人が立っていると、バスが自然に止まってくれます。

カナダ人の友人は、バスは人がいれば止まるけれど、手を挙げることになっているっちゃなっている、というニュアンスでした。バンクーバーでは、バス停に常に人が待っていることが多いので、手を挙げる必要が全くありませんでしたが、ビクトリアでは手を挙げてアピールしないとバスが止まってくれないことが多々ありました。

乗車口は前方の扉です。前から乗車して、後ろから降車します。

2両編成の大きいバスだと後ろから乗れることもありますが、その場合でも基本は前から乗ることが推奨されます。

乗車賃を払う

バンクーバーでは、コンパスカードという交通系のICカードがあります。日本のように、チャージしてタッチする方式で、バスに設置されている機械にかざすだけです。

また現金の場合は、ドライバー横の投入口にコインを入れて乗ります。そのため現金で乗車する場合は、必ず前方のドアから乗りましょう。お釣りは出ないので注意が必要です!!

ちなみにバンクーバーでコンパスカードにチャージする場合、スカイトレインの駅に行く必要があります。バスでチャージはできません。

なお、ドライバーはあなたが座るまで待ってくれません。全員バスに乗ったら、すぐにドアを閉めて発車するので、倒れないように気をつけましょう。

バスの内装

座席の作りはバスによって異なりますが、上の写真のような感じです。

バンクーバーには2両連結の大きいものもあります。後部座席は死角になっていて結構危険なので、前方に乗ることをおすすめします。バスによってはかなり混むこともありますし、かなり揺れます。気をつけましょう。

また、次のバス停名はその都度アナウンスされます。さらに前方上部に電光掲示板があり、そこで次のバス停の名前が表示されます。Google Mapと照らし合わせながら、自分の今いる場所を確認しましょう。

降車を知らせる

降りる駅の一つ前のバス停を過ぎたら、窓際のロープを引っ張りましょう。ポン、と音が鳴って前方にSTOPサインがでたり、ライトが赤く点灯したりします。

また、ロープ以外にも上の写真の赤枠で囲まれたところのようなボタンがあるので、これを押すことでも降車を知らせることができます。

降り方

やむを得ない場合を除いて、基本的には後ろのドアから降ります。小さいバスだと自動でドアが開かなことが多いので、自分でドアを軽く押して開けることもあります。

たまにドライバーがドアのロックの解除を忘れるので、 “Back door,  please!”と声をかけて開けてもらう場合もあります。

また、日本ではバスが止まるまで席を立たない、がルールですが、カナダでは逆です。むしろ早めに席を立ってドアの前で待機するのが普通なので、気をつけましょう

その他ポイント

バスの調べ方・便利アプリ

バスの来る時間を調べるには、Translinkの公式アプリか、Google Mapをよく使います。

個人的な筆者のおすすめはGoogle Mapで、現在地と行きたい場所を入力すれば、どのバスに乗れば早いか、バスは何時に来るかを瞬時に出してくれるので便利です。バスの遅延情報なども、Google Mapで見ることができます。

海外ではGoogleマップ等で道のりやバスを調べることが必須です。そんな中で必要になってくるのがWi-Fiですよね。短期での旅行などでWi-Fiのレンタルをご検討中の方は、以下のサイトから申し込みが可能です。

海外インターネット
グローバルWiFi

バスの安全性は?

バスのル―トによって、治安に差があります。

バンクーバーのイースト・ヘイスティングスを通るバス(14, 16, R5)は治安が悪いことがあります(薬物中毒者が乗ってきて変な動きをしたり、ホームレスの人たちに小銭をせびられたりしたことがあります)。特に経験上16番のバスは、ヘイスティングス・ストリートで各駅停車をするので、治安が悪い率が高かったです。R5は快速なので少しのバス停にしか泊まりませんが、ヘイスティングス・ストリートでも停車をします。

一番後ろの座席は死角になるので、座らないようにしましょう。また、絶対に寝ないようにしましょう。

ただ、めちゃくちゃ危険ということはなく、夜でも普通に乗ることができるので、そこまで警戒する必要はないですが、自分の身は自分で守れるようにしましょう。

降りるときのThank you‼

バスから降車する際とき、ドライバーに“Thank you‼”と一声かけてから降りる人が多いです。後方のドアのところから、降り際に大きな声でドライバーに伝えます。

素敵な習慣なので、ぜひ皆さんも真似してみてはいかがでしょうか。

まとめ

バンクーバーのバスの乗り方について解説をしました。カナダは車社会ですが、旅行や留学で来ると、車に乗ることはなかなかできませんよね。そんなときに役に立つのがバスです。

基本的にはバスに乗ればどこへでも行くことができます。バスは貴重な足になるので、ぜひ事前に乗り方を知っておいて、スムーズにバスが使えるようになっておきましょう!

関連記事はこちら→【穴場も?】バンクーバー周辺で観光におすすめスポット17選

コメント

タイトルとURLをコピーしました