親に留学を反対された!説得の際に伝えるべきことや方法を経験者が解説!

ワーホリ
当サイトでは記事内に広告が含まれています。

※この記事では広告リンクを使用しています。

悩む人
悩む人

留学に行きたいけど、親に反対されている…

と悩んでいるのではありませんか?特に長期留学ともなると、親に心配をされたり、そんなにお金をかけて本当に留学に行く意味はあるの??なんて言われてしまうこともあるかもしれません。

筆者も公務員の仕事を辞めてカナダ留学を決めたときに、同じような状況になって親を説得した経験があります。そこで今回の記事では、筆者の経験も踏まえ親を説得する際に伝えるべきことについてまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速見ていきましょう。

\まずは無料で留学相談/

実質0円でオーダーメイド留学|夢カナ留学

親に留学を反対された!説得の際に伝えるべきことや方法を経験者が解説!

留学には親の反対を受けがち

今となっては留学はかなり一般的ですが、親世代では留学はまだ珍しいもの、馴染みのないもの、という印象があるかもしれません。特に長期留学をするとなれば、金銭面や生活の不安、安全性や将来など、様々な心配事が浮かんでくるでしょう。

そして長期的に自分の子供と会うことができないとなるのであれば、なおさら不安に思うことは間違いありません。反対するのは何もあなたのことを否定しているからというわけでなく、それに付随する多くのことを考えなければならないからなのです。

あなたは高校生?大学生?社会人?

まだ学生であれば、留学費用の多くを親が負担することになるのではないでしょうか。長期になればなるほど、かかる費用も大きくなります。「ただ行ってみたいから」という理由では納得できないかもしれませんし、普段の学校の勉強もしなくてはならないはずです。

そして社会人であっても、親の反対を受けることはあります。仕事を辞めて大丈夫か、将来はどうするのか、収入は安定するのかなど、親として心配することはたくさんあるでしょう。

自分の年齢や状況によって、親を説得する際に考えることも変わります。それでは、親に話す話すべきことや考えるべきことについて、一緒に見ていきましょう。




まずは留学のメリットを伝えよう

視野が広がり成長ができる

留学に行って海外の生活をし、様々な国の人と出会い文化を学ぶことで、日本とは全く違う色々な価値観や多様性を知ることができます。

そして留学で得た経験や学びは、今後の人生で活かしていくことができること間違いなしでしょう。

ずっと日本にいるだけでは知らなかったことを見ることができ、言葉もうまく通じない海外で自力で生活をすることで自分の大きな成長にもつながります。

就活や将来にも活きる

留学経験は就活の際にも活かすことができます。面接では留学経験というのは盛り上がる話題の一つ。様々な文化を自分の目で見て、勉強をした経験は自分の強みにもなるでしょう。

また、採用時だけではなく、海外的な柔軟な考え方や多様性を尊重することは仕事をするうえで大切なです。留学は一時的なものではなく、その後の自分の考え方も変わるような大きな経験となります。

英語力が伸びる

留学に行くだけでは英語力が伸びるとは限りませんが、それでも英語を使って生活をする中で、「英語で話すことに慣れる」「ボキャブラリーが増える」「英語で困難を乗り越える」という英語の基礎能力が身に付きます。

英語力だけなら日本でも伸ばすことは可能ですが、現地で実際に英語を使って生活をしてみると、学校では学ばなかった英語表現や知らなかった単語を覚えるなど、留学は英語力の向上に直結します。

留学前、留学中、留学後にしっかりと自分で英語を勉強することも大切です。

親が心配すること

留学費用

真っ先に思いつくことが、金銭面です。留学は決して安いものではありません。留学準備だけでも、学校の授業料、ホームステイへの支払い、ビザの発給費用、航空券等、様々な費用が掛かります。そして現地での滞在費も必要になります。長期であれば100万円以上の大金が動くことになります。

語学留学であれば現地で働くことができないため、自分で長期間にわたる留学費用を賄うことは難しいですよね。そして大学等を休学するのであれば、休学するための費用もかかるはずです。

自分が払えるのか、将来的に返済をするのか、親に出してもらえるのかなど、具体的な費用をしっかりと出して話し合えるようにしましょう。

留学で勉強すること、やりたいこと

留学の目的は必ず聞かれます。何となく行きたいという理由では、反対されても仕方がないかもしれません。自分のやりたいこと、留学中に勉強すること、留学が自分にとってどんな役に立つのかを話せるようにしておきましょう。

また、留学をする場合はエージェントを通して申し込む場合がほとんどだと思います。エージェントの無料相談などを通して、留学目的や勉強するカリキュラムをより具体的にしてから親に相談をしたり説明したりできるといいと思います。また、見積りも無料で出してもらえるので、気になるという方は一度無料カウンセリングを受けてみましょう。

\まずは無料で留学相談/

実質0円でオーダーメイド留学|夢カナ留学

留学期間とその後

どれくらい留学するのか?なぜその期間が必要なのか?そしてそのあとはどうするの?ということ聞かれるでしょう。

「学校のコースを修了するために一年が必要なので一年間留学します」、「半年の語学留学後は日本に帰ってきて大学を卒業します」もしくはもう社会人であれば、「留学後はそのまま現地で就職を考えています」など、自分の目標と合わせた留学期間について話してみましょう。

もちろん計画は途中で変わることがあって当然ですが、いきなり「何も決めていない」いうと親も心配になってしまいます。今の時点で考えているプランを話してみましょう。

なぜ留学が必要なのか?

例えば「英語を勉強したいから留学がしたい!」ということであれば、「英語の勉強は日本でもできるでしょ?」となってしまいます。実際に筆者も日本に居ながら英語を習得したので、海外に行かないと英語が話せないということは全くありません。

例えば、「海外で就労経験を積みたい」「実際に海外に出て日本とは違う文化を学んでみたい」などの自分は海外に行く必要があるという理由を話してみましょう。

英語に限って言えば日本でも勉強はできますが、海外に出ないと学べないこともたくさんあります。ぜひその旨を話してみましょう。

治安は?

やはり海外で一人で暮らすとなると、安全面は気になるものです。

治安のいい国か?銃はあるのか?犯罪率は?など、一人で暮らすうえで安全な国かどうかは気になるところでしょう。外務省のサイトや留学エージェントの話も参考にして、どのような犯罪が多いのかや街の治安については必ず下調べをしましょう。

なお、海外安全情報は外務省のホームページ(外務省 海外安全ホームページ (mofa.go.jp))から見ることができます。ページ下部に安全情報マップがあるので、参考にしてみてくださいね。

また、現地にどれくらい日本人がいるのかも調べてみましょう。日本人が多い場所は語学留学には向いていないとされがちですが、やはり日本人がいると安心感は大きいものです。いざとなったら日本語が通じる、という環境も大切ですので、下調べは入念に行い、親にも安心してもらいましょう。

語学力

英語が全く話せない状態で留学に行くとなると、語学力についても心配になるものです。「英語は全く喋れないと思うけど、いきなり海外に行って大丈夫なの??」と思われてしまうでしょう。言葉が通じないというのは不安ですよね。

そんな心配をさせないためにも、渡航前から英語の学習を頑張りましょう留学に行けば英語が話せるようになるでしょ、と言うのは大きな間違いです

英語の勉強をがんばっているというところを見せることでも、本気度が伝わるはずです!

\7日間の無料トライアルも!24時間予約不要のオンライン英会話/

ネイティブキャンプ

仕事を辞めて大丈夫?

社会人で留学に行くという方は、仕事を辞めることになると思います。もう社会人なので親の干渉は少ないかもしれませんが、「仕事を辞めて大丈夫?」「せっかく入った会社なのにもったいない!」と思われるかもしれません。実際に筆者も公務員を辞めるときは、ものすごく引き止められました。

しかし、仕事を辞めてまで留学に行こうと決意したということは、並々ならぬ覚悟があり、強い意志があるはずです。その思いをぶつけてみましょう。今の時代、一つの仕事だけがすべてではありませんし、転職も特別なことではありません。

実際問題、海外でワーホリをした方が今より給料が高くなる…ということもあるあるなので、海外での時給と自分の給料を比べてみるのもいいかもしれません。

結婚等のライフプラン

こちらも社会人向けですが、人生設計について聞かれることもあり得ます。周りはみんな安定した仕事をしているのに…や、結婚はどうするの、など、色々と言われることもあります。

が、自分の人生です。

ここで筆者が言うまでもないと思いますが、自分が正しいと思うことに自信を持ちましょう!そして海外に行くと、そういったことを気にしている人は本当に少ないです。自由に生きている!という人にたくさん出会うことになると思います。後悔をしないようにしましょう!

【まとめ】留学にはしっかりとした計画が大切!プレゼンもあり

パワポを作って親にプレゼンをしてもいいくらい、真剣であるということを伝えましょう。それと同時に、適当な気持ちで留学を決めていると、何か反論をされたときにうまく言い返すことができないかもしれません。親を説得するというのは、「自分が留学と向き合うタイミング」でもあります。

留学の目的をしっかり決めて、それを説明できるようにすること、場所や留学期間、治安についても下調べをして説明できるようにしておくことをおすすめします。

本気で説明すれば、きっと応援してくれるはずですよ。皆さんの留学を応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました