働き始める前に!カナダでの接客マナー・接客の流れを徹底解説

ワーホリ
当サイトでは記事内に広告が含まれています。

カナダで働いてみたいと思っているみなさん。もしくは働き始めたというみなさん。

悩む人
悩む人

カナダでの接客マナーはどんな感じなんだろう?

日本と違いはあるのかな?

などと思っていませんか?

この記事では、カナダのジャパニーズレストラン、ローカルのレストランで働いていた経験のある筆者が、接客マナー、働き始める前に知っておくこと、使える接客フレーズについて紹介します。

実はカナダでの接客方式は、日本とは大きく異なります。ぜひ仕事を始める前にこの記事を読んで、基礎を勉強してみてくださいね!

カナダでの接客マナー・接客の流れを徹底解説

お客さんを席に案内し、水・メニューを渡す。

これは日本と一緒ですね。お客さんを席に案内して、メニュー、水を置いて、一度テーブルを離れます。

特に変わったことはありませんが、海外の方がお客さんに対してもっとフレンドリーです。お客さんが来たら、あいさつを笑顔でしましょう!

Hi there! How are you? For how many?(こんにちは!何名様ですか?)

For two?(お二人ですか?)

お客さんに呼ばれる前に注文を取りに行く。

カナダでは、お客さんに呼ばれることは恥ずべきこと、とみなされています。テーブルの様子は店員の方から常にチェックして、準備ができていそうならこちらから声をかけにいきます。メニューを見始めてたら、けっこうすぐに聞きに行ってしまっても大丈夫です。また、お客さんがアイコンタクトで店員を呼ぶ場合もあるので、テーブルの様子はこまめにチェックしましょう。

特にカナダではチップ文化があるので、店員の方から積極的にサービスを提供しに行く必要があるのです。

Are you (guys) ready to order?(ご注文はお決まりですか?)

What can I get for you?(何にしますか?)

配膳

料理の配膳については日本と一緒です。出来上がったものからどんどんテーブルに運んでいきましょう。

気を付けなければいけないのは、店員が全部のメニューを運び終わったかをしっかり覚えていないといけないところです。日本であればお客さん任せなところがありますが、カナダでは各テーブルのオーダーを店員が管理して把握しておく必要があります。オーダーメモと照らし合わせて、各テーブルの状況を管理できるようにしましょう。

Here’s your ~(~です。※提供時に言う)

Enjoy your meal.(※料理を全部提供し終わったら言う)

注文した料理がそろったら、クオリティチェック

注文した料理がそろった(ほぼそろった)ら、各テーブルに味などは大丈夫かを必ず聞きに行きます。これは日本にはない文化ですね。

たいていの場合大丈夫と返してくれますが、たまに料理の不満を受けることもあるので、その際はマネージャーに報告します。オーダーミスや頼んだ商品が来ていない等のミスがあれば、この段階ですぐに発覚するので、クオリティチェックは重要です。

また、このタイミグで追加注文を受けるときもあります。

Is everything tasting ok so far?(今のところお味は大丈夫ですか?)

飲み物のおかわりも呼ばれる前に

水をはじめ、飲み物が減っているかどうかも常にチェックしておきます。

日本であれば基本的にはお客さんの方から飲み物のお代わりを注文しますが、カナダではお客さんに呼ばれる前に、自分から声をかけに行きましょう。「水のおかわりを店員が注ぎに来なかった」という不満を聞くことがよくあります。それくらい海外では、自分から店員を呼ぶことをしないのです。

やはりお客さんに手を上げさせるのはあまりよくないことで、チップにも響きます。

Would you like another round?(もう一杯いかがですか?)

空いたお皿はガンガン下げる

お皿が空いたらガンガン下げてしまってオッケーです。急がせているように見えますが、カナダではけっこうそういうものです。レストランにもよりますが、会計前にテーブルの上のお皿が全部なくなっているのが理想的です。

お客さんの方から、空いたお皿を端に寄せていることも多いので、その際には素早くお皿を下げに行きましょう。

Are you done with this?(食べ終わってますか?)

Are you still working on this?(まだ食べている途中ですか?※お皿に少し残っているときなど)

May I take this away?(下げてもいいですか?)

すべて食べ終わるころに、追加注文があるか聞く

お客さんがすべて食べ終わるころに、店員側から追加注文があるかを聞きに行きます。日本であれば食べ終わっていてもお客さん側から追加注文、お会計の動きがあるまで放置しておきますが、カナダではやはり、店員の方からどんどん行きます。

追加注文があればオーダーを取って、なければすぐにお会計をします。

Is there anything else that I can get for you?(ほかに注文はありますか?)

支払い方(分けるか一緒か)を聞き、お会計を置く

カナダのレストランでは、テーブル会計が基本です。

カナダではクレジットやデビットでの支払いが発達しており、個別会計が一般的です。友達同士の場合、ほとんどの人が個別で会計をします。

そのため、お会計をテーブルに置く前に、会計を分けるかすべて一緒に払うかをお客さんに確認します。「これとこれだけ支払いを分けて」などと細かく指定されることもありますが、カナダのシステムではとても簡単に別会計ができるので、心配しなくて大丈夫です。

言われた通りにお会計を印刷して、テーブルに置きに行きます。

All together?(お会計は一緒ですか?)

Would you like to split the bill?(お会計は分けますか?)

準備ができたらマシーンを持っていく(現金ならお金を挟むまで待つ)

お客さんの支払いの準備ができたら、カードをタップするマシーンをもってテーブルに行きます(英語でもマシーンと呼ばれます)。お客さんにマシーンを操作してもらい、チップもそれを通して支払われるので、簡単です。

現金払いであれば、お客さんが現金を用意するまで待って、用意できた頃に受け取りに行きます。また、現金の場合はお釣りはいくらいるかを確認しましょう。チップを払うため、おつりはいらない、という人や、10ドルだけおつりをください、という人などがいます。もしくはお釣りを全額持っていくと、お客さん側でチップを残していってくれます。

支払いが終わったらすべて終了!

支払いまで済んだらもうそのテーブルについてやることはありません。これで全部終了です!お疲れさまでした。

海外の人は日本と比べるとフレンドリーなので、お会計時にお喋りをすることも多いです。筆者も、「どこから来たの?」「日本食のおすすめは?」「日本語でThank youはなんていうの?」など、日本文化に関する質問をよく受けました。

サービスがいいと、名前を聞かれたり、常連になってくれたりすることがよくあるのが海外です。お客さんと仲良くなれるようにがんばりましょう!

日本との違い

お客さんに手をあげさせない

ここまでも何度か触れましたが、カナダではお客さんが店員を呼ぶことはあまりありません

日本ではお客さんが手をあげて店員を呼んだり、ボタンを押したりしますが、カナダではお客さんが店員さんを呼ぶことは少し恥ずかしいこととみなされます。

なにか特別なリクエストがある時はお客さん側から呼びますが、そうではないときは、常に店員がテーブルの様子を気にかけるようにしましょう。

クオリティチェックをする

味が大丈夫かどうかは必ず確認します。苦情やミスを最小限に防ぐ意味合いがあります。そこでお客さんからの質問に答えたり、追加注文を受けたりすることがよくあります。

料理がほぼ出そろい、お客さんが食べ始めているくらいのタイミングで聞きに行きます。料理を全部提供したからといって、気が抜けないのがカナダの接客スタイルです。また、どのテーブルが何を頼んでいるか、提供状況はどうかも、すべて見ておく必要があるのです。

店がお客さんをコントロールする意識

カナダの接客は流れがとてもスピーディです。

日本ではお客さんが手を挙げて、基本的にお客さんが何かを言ってこない限り動きませんが、カナダではどんどんこちらから聞きます。基本的にお客さんを放置することはなく、お客さんがだらだら席に居座る、ということもできるだけないようにします。

そのため、食べ終わったらすぐに追加注文を取りに行き、なければすぐにお会計を置きます。お店側がお客さんをコントロールしている、という意識が強いです。

そのため食べ終わりまでの時間は日本に比べてかなり早いです。

チップ

日本でもよく耳にする海外文化である、チップ

チップは、良いサービスに対して支払われる対価なので、良いサービスを提供する必要があります。お客さんに手をあげさせないのもそのためでしょう。そのため、サービスが良くないとチップに響きます。

日本人が思っている以上にチップには意味があり、お客さんは意外としっかり、サービスの良し悪しをジャッジしています。チップは、「払っておけばいい」というようなものではないのです。

ちなみにチップは、その日のチップを働いた人全員で分けるやり方と、自分のテーブルでもらったチップは自分が総取りする、というやり方の2つがあり、筆者のいたカナダブリティッシュコロンビア州では前者でした(キッチンとも分けていました)。

テーブルの担当がある

日本では通りかかった近くのテーブルの注文をどんどん取っていきますが、カナダでは基本的に自分のテーブルの担当を最初から最後まで行う、という方式です。(レストランにもよります。小さいレストランやカジュアルなところはこの限りではありません)

そのため、担当外のテーブルに呼ばれたら、あなたたちのサーバーを呼ぶから待っててね、と言います。人のテーブルのオーダーは極力取りません。変に注文を取ってしまうと、料理の提供状況などの管理ができなくなってしまいます。客側も、自分のサーバーを呼ぶという意識があるため、基本的には何かがあれば自分のテーブルのサーバーを呼ぶ傾向にあります。

まとめ

日本とカナダの接客はけっこうちがう!最初は戸惑ってあたりまえ!

接客方式が大きく異なる日本とカナダ。最初は英語も不慣れですし、戸惑うこと、ミスをすることが当たり前です。ミスをしても、へこまずに頑張りましょう。筆者も何度もマネージャーに怒られました。

また、チップがたくさんもらえるととても嬉しく、やりがいを感じるのが日本と比べて良い点です。自分のサービスが良かった分だけお金がもらえるこの制度は、モチベーションのアップにもつながります。

海外のスタンダードの接客方法を学ぶことは、将来どこかで働くうえでもきっと役に立つでしょう!

ぜひこの記事を参考にして、海外での仕事を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました