【簡単】Airbnbで海外旅行!予約の仕方や宿泊の流れを徹底解説!【おすすめ】

旅行
当サイトでは記事内に広告が含まれています。

\カナダ旅行ならエクスペディアで簡単予約/

✅世界30か国以上でサービス展開しているグローバルな旅行予約サイトです。
✅簡単な会員登録で会員限定価格での予約エクスペディアポイントも貯まる。
必要なものはワンストップでおトクに手配!好みの条件で宿泊先検索も♪

✅エクスペディアなら直前予約も可能!

✅おすすめホテルに気軽に泊まれるお手頃料金の3つ星5つ星ホテルもあり

\航空券・ホテルを今すぐチェック/

※この記事ではアフィリエイト広告を使用しています。

海外旅行をお考えのみなさん。宿泊先選びって、重要かつ大変ですよね。

そんなあなたに、Airbnbという選択肢はいかがでしょうか?

あまり馴染みのない滞在方法かもしれませんが、海外ではけっこう主流です。

海外にはビジネスホテルのような安い宿がなかなかありません。

そんななかで、比較的安めに泊まれて、さらにまるで自分の家のように使える、実はとてもおすすめの滞在方法なんです。

今回の記事では、実際にカナダでAirbnbを予約して利用したことのある筆者が、そのやり方と流れを徹底解説していきます!

それでは早速見ていきましょう。




Airbnbで海外旅行!予約の仕方や宿泊の流れを徹底解説!

Airbnbのアプリをインストール

今回筆者が利用したのはこちらのアプリ。

アプリ上で簡単にAirbnbの検索、予約、支払いができます!登録もとても簡単、そしてすべて無料なので、Airbnbを探す際にはとてもおすすめのアプリです。

今回の記事では、こちらのアプリを使用して予約をして利用する流れを紹介していきます。

場所・期間等を指定して予約

使い方はとても簡単。行先や期間、利用人数を入力するところがあるため、指示にしたがって入力をすすめていきます。

検索結果もとても見やすく、写真、おおまかな場所、値段、ハウスルールなどが各Airbnbページにまとめられています

あとは支払い情報などを埋め、必要な情報を入力するのみで、予約もボタン一つで簡単です。

確認すべきところ

設備の記載

どんな設備がついているか、どんなアメニティがあるかの記載があります。こだわりがある場合は、こちらを必ず確認しましょう。

例えば、

✅洗濯機 ✅キッチン ✅Wi-Fi ✅駐車場 ✅ペット可/不可 ✅ドライヤー

の有無などが気になるところではないでしょうか。

Airbnbは長期滞在にも向いていますが、洗濯をしようと思っていたら洗濯機がついていない!ということになってしまっては大変です。予約前に確認しましょう。

ホストの情報

Airbnbのオーナーのことをホストと呼びます。

ホストの方の名前や情報も記載されています。まれに変なホストもいるかもしれないので、信頼できる人によって経営されているAirbnbなのかどうかは確かめておくようにしましょう。

「スーパーホスト」と呼ばれるホストは、経験が豊富で評価も高く、レスポンスも早く信頼のおけるホスト、と認定されたホストです。こういった人たちであれば、信頼度は高いです。チェックしてみましょう。

口コミ

以前に利用した人たちの口コミも見ることができます。リアルな声なので、ぜひ参考にしてみましょう。

また、星の数によってレーティングもされています。星の数が5に近いほどいいホスト、いいAirbnbということになります。

宿泊料金

左下に宿泊料金が表示されています。宿泊代もアプリ上で事前に支払いをするので、あとから支払いでホストと揉めるというようなことも起きません。

値段もピンキリですが、ホテルに宿泊するより安いことが多いです。特に連泊をするような場合には、ホテルよりもAirbnbをおすすめします。

キャンセルポリシー

キャンセルポリシーについても、しっかりと記載があるので安心です。上の写真は実際のアプリ上の画面です。予約前に目を通しておきましょう。

前日まで100%返金というところがけっこう多いですので、仮予約をしておこう…ということもできるかと思います。

ハウスルール

ハウスルールについても、一度目を通しておくことをおすすめします。喫煙やペットの可/不可、チェックイン・チェックアウト時間などが記載されています。

あれはだめ、これはだめなどという細かいルールはあまりなく、ほとんどが常識的なルールばかりだと思うので、喫煙やペットの可否などが気になるという方は確認しておいてください。

宿泊日が近づいてきてからの流れ

48時間前にチェックインの仕方・住所が送られてくる

Airbnbの住所は、初めはふせられています。予約が完了し、チェックイン日が近づいてきて初めて、正確な住所を教えてもらえます。とはいえおおよその場所と外観は事前にわかるため、予約の際には特に問題になることはありません。

また、チェックインの仕方Airbnbによって異なります。筆者はカナダでAirbnbを2回利用したことがありますが、1つはマンションの1室だったため、ホストのいる部屋のインターホンを押してチェックインを行うというものでした。

もう1つは一軒家のベースメントで、ドアのカギがナンバーロックだったため、カギの番号を教えてもらい、勝手に家に入るというタイプでした。

このやり方はAirbnbによって全く違うので、送られてきたチェックイン情報をよく読んでチェックインしましょう。

ホストからメッセージが来ていれば返信

ホストからアプリ上にメッセージが届くこともあります。無事にチェックインできているかの確認だったり、ハウスルールの再確認だったりします。英語であることが多いですが、返信はするようにしましょう。

チェックイン・ハウスルール再確認

部屋にハウスルールが書いた紙などが置いてあることもあります。一通り目は通しておきましょう。

特にチェックアウトの際、ごみは自分たちで出しておくことだったり、洗い物はすることだったり、夜22時以降は静かにするだったり、利用者にしてほしいことが書いてあります。

Airbnbはホテルではなく、ホストの家に泊まらせてもらうようなものなので、できるだけルールには従うようにしましょう。

チェックアウトも指定の通りに

チェックアウトについても連絡が来ます。筆者の経験したものでは、カギを出るときにポストに入れておく、ナンバーロックなので特に何もせず家を出る、という感じでした。

わからなければホストにメッセージを送って聞けば大丈夫です。ホストとアプリ上で連絡が取れるため、疑問点はいつでも聞くことができます。

知っておくべきポイント

設備は部屋次第

Airbnbは、言ってしまえば各ホストの個人所有の家です。そのため、設備も各Airbnb次第です。

洗濯機がない、キッチンがない、などということもあり得ますし、ホテルなら通常あるようなシャンプー、バスタオル等のアメニティもないことがあります。

設備の欄は事前によく確認するとともに、タオルや歯ブラシ、石鹸やタオルなど不安なものは持っていくと安心です。

消耗品は自分たちで

洗剤やシャンプーなどの消耗品は、前の宿泊者が残しておいてくれていることもあります。Airbnbはそうやって回っていくことが多く、ティッシュやトイレットペーパーなどはなくなったら自分たちで買いに行き、次の人のために置いておくことが多くあります。

また、Airbnbは長期滞在の人も多くキッチンがついている家が多数のため、調味料なども残していく人が多いです。そういったものは使ってオッケーですし、自分が何か買った場合も、残せるものは残していって大丈夫です。

特別なハウスルールがある場合は従おう

筆者が宿泊したうちの1つには、「洗い物はできるだけ自分たちでしてください」と書いてありました。そういった特別なルールがある場合には、できるだけ従いましょう。

Airbnbのアプリには、ホスト側が客を評価できる機能があります。筆者は利用後、「いいお客さんでした!ほかのホストの方も安心して利用させられますよ」という旨の評価をいただきました。これが将来またAirbnbを利用するうえでどれくらい影響を与えるのかはわかりませんが、予約を断られてしまうようなことがあっては困りますよね。

部屋はきれいにして出る

チップを特段必要とされないAirbnbでは、部屋はきれいな状態に戻してから退出することが暗黙のルールとなっています。(明記しているホストもいます)ごみは各自で捨てに行ったりまとめたり、洗い物は済ませたり、そういったことを宿泊客がすることとなっています。

ホテルのように色々なものをおきっぱなしにしたり放置したりしないようにしましょう。

おすすめポイント

自分の家のように使える

Airbnbに1週間ほど滞在しましたが、もう自分の家のようで本当に快適でした。広くてキッチンがあって寝室があって、テレビがあってダイニングテーブルがあって…と、長期滞在にはピッタリでした。

家具も間取りも「家」という感じなので、自分の家と変わらない使い方ができ、安心感があります。

自炊ができる

長期滞在には欠かせない、自炊。毎食外食をしていては疲れてしまいますし、お金もかかるよなあ…と心配な方にもおすすめです。また、現地のスーパーに行って食材を買って調理するという経験もできます!

日本からお米やインスタント麺なんかを持っていけば、それをお部屋で食べることも可能です。自炊は間違いなくホテルではできない、おすすめポイントです。

ホテルより安い、チップ不要

価格帯もホテルより安いことがほとんどです。長期滞在なら特に、値段の面ではホテルよりもAirbnbをおすすめします。また1室の値段になるので、人数で割ればそこまで大きな額にならないことも。

また、海外のホテルではチップが必須ですが、Airbnbではチップは必要とされません

最後に清掃が入るのでもちろんおいていっていけないことはないですが、Airbnbでは通常、チェックアウトの際に自分たちで部屋をきれいな状態に戻してから出ることとなっています。そのため、通常はチップを払わずに出る人が多いようです。

とても広い部屋のことも!

広い家を選べば、収納スペースもホテルに比べて広く、荷物も広げられます。ホテルだと、部屋の大部分をベッドが占めていたりしてちょっと狭い…という方にもおすすめです。

筆者が泊まったAirbnbの1つは、リビングがとても広く、さらに寝室が別であり、収納もたくさん、ダイニングテーブルのほかにもう1つリビングにもテーブルとソファがあるようなとても広いお部屋でした。非常に快適です。

アプリを通せば万が一のサポートもあり

アプリにはサポート機能もあり、何が問題が発生したらここにレポートすることができます。もし何かトラブルが生じた場合も、カスタマーサポートと連絡を取ることができます。

ちゃんとしているホストを選んだ場合は問題が起こることは稀だと思いますが、Airbnbは個人が管理しているものであるため、何かしらのトラブルは生じるかもしれません。そんなときは、このサポートセンターに連絡をしましょう。

ちなみに筆者はAirbnbを2回利用していますが、トラブルが発生したことはありません。

デメリット

航空券とセットでは予約ができない

ホテルだと旅行会社やサイトを通して航空券とセットで予約をすることができることもありますが、Airbnbではそういったことはできません。

そのため、航空券は別で予約をする必要が生じます。

航空券をお得に予約するならTrip.com!24時間年中無休でお客様をサポートし、安心して旅行をすることができます。

【Trip.com】旅行をもっとお得に!

清掃が入らない 

ホテルでは希望次第で毎日清掃が入ることもありますが、Airbnbでは清掃は入りません。どれだけ長期で滞在しても、基本的な掃除やベッドメイクは自分たちでします。

あまり気にならない人が多いかもしれませんが、ごみ出しなどもすべて自分で行う必要があるので、少し面倒かもしれません。

消耗品は自分たちで

先ほども説明しましたが、ティッシュやトイレットペーパー、シャンプー、リンス、歯ブラシ等の消耗品は自分たちで用意するのが基本です。

ホテルではフロントに言えば解決してくれることも、Airbnbでは自分で何とかしなければならないことが多いです。現地のどこでこういったものが買えるのか、などのチェックをしておかないといけないので、持っていけそうなものは日本から持っていくようにしましょう

人の家の一部なことも

筆者が滞在したAirbnbの1つは、ホストの家のベースメント(地下室)でした。つまり、上の階にホストが住んでいるということ!物音にも気をつけなければなりませんし、特に夜はあまり騒がしくはできません。

また、他のAirbnbではマンションの1室で、隣人トラブルなどのないよう、こちらもまた普通の家と同じく静かにする必要がありました。

ホテルでももちろん夜は静かにするものですが、Airbnbは普通の家なので、より一層そういったことに気を遣う必要があります。

おすすめの滞在方法!海外旅行の際はAirbnbも考えてみて!

ここまでいろいろと紹介してきましたが、Airbnbは海外旅行の際にかなりおすすめの滞在方法です!!

価格の安さ、家のように使えること、長期滞在に向いていること、自炊ができることなど、そのメリットははかり知れません。日本ではまだあまり馴染みのないものかもしれませんが、ぜひまずはアプリをインストールしてどんな部屋があるのかを見てみてはいかがでしょうか?(ウェブサイトはこちらから→Vacation Homes & Condo Rentals – Airbnb

皆さんの旅行が楽しいものになるよう、この記事が参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました