【カナダワーホリ】ジャパレスで働くメリットデメリットを経験者が徹底解説

ワーホリ
当サイトでは記事内に広告が含まれています。

※この記事では広告リンクを使用しています。

初めてのワーホリ!何の仕事をしようかな??と思っているみなさん。

ワーホリなどで海外で働くとなれば、ジャパニーズレストラン、通称ジャパレスで働くことが多いですよね。

そこでこの記事では、ジャパレスで働くことのメリットとデメリット、職場はジャパレスを選んだ方がいいのかについて、カナダでジャパレスも現地ローカルの職場も経験している筆者が紹介していきます。

それでは早速見ていきましょう!




【カナダワーホリ】ジャパレスで働くメリットデメリットを経験者が徹底解説

職場はジャパレスにするべき?いきなり結論

いきなり結論ですが、「初めて海外で働くならジャパレスはおすすめ」です。

慣れない海外生活が始まる中で、「いざとなったら日本語が使える」「日本食が食べられる」「友達を作りやすい」という要素は結構大事です。

そしてもちろん、最初の職場だけがすべてではないので、慣れてきたら転職、ダブルワークをすることが可能です。そのため、最初の職場としてはジャパレスをおすすめします。

また、ジャパレスは当然日本人がオーナーをしていると思っているかもしれませんが、カナダのジャパレスのオーナーのほとんどは日本人ではありません。そのため、面接から英語を使いますし、働く際は英語を使ってコミュニケーションをとることがほとんどです。

ジャパレスの数は多い

国にもよりますが、筆者の滞在していたカナダでは日本食は大人気で、街を歩けばそこら中に寿司屋、ラーメン屋、居酒屋などがありました。そのため、職場探しに苦労することはほとんどなく、ジャパレスの求人は常に求人サイトにたくさん出ています。ジャパレスではやはり日本人の需要が高いため、ローカルの職場より採用率も高いでしょう。

渡航直後に早く仕事を見つけたい、早くお金を稼ぎたい、と思っている人には、ジャパレスはおすすめです。

まずは経験、慣れてきたら考えよう

海外で働くうえで経験を積むことは大切です。欧米の接客方式は、日本とは大きく異なります。

そのため、まずはジャパレスで基本の接客を身に着けたあとで、ローカルの職場にチャレンジしてみたほうがいいかもしれません。

もちろん、せっかく海外に来たんだからローカルの職場で働いてみたい!と思うはずです。そのために、まずは経験を積むことを第一に、馴染みやすいジャパレスをおすすめします。

ではここから、具体的なメリットデメリットを、筆者の経験談を踏まえて紹介します。

ジャパレスで働くメリット8選【経験談も】

日本語が通じることが多い

渡航直後は、まだ英語に不安があるという人がほとんどではないかと思います。ジャパレスであれば同僚やマネージャーに日本人がいることが多いので、いざとなったら日本語を使うことができます。

もちろんお客さんは日本人ばかりではないので、接客の際は英語を使いますし、先述の通りオーナーやシェフは日本人ではないことも多いので英語を使う機会もちゃんとあります。日本語と英語の両方を使える職場はジャパレスならではです。

筆者
筆者

接客英語は、日常英会話とはまた異なります。これはなんて言えばいい?この英語で通じる?そんな不安も多いなかで、日本語が通じる環境はありがたいこと間違いなしです。

友達ができやすい

せっかく留学に来たんだから日本人の友達なんていらないよ!という人もいるかもしれませんが、留学やワーホリは一人きりで来ることがほとんどであるなかで、人脈作りはとても大切です。

やはり日本人同士だと友達になりやすく、そしてその友達にパーティーに誘われたり、友達の友達と知り合ったりすることで、人脈もどんどん増えていきます。また、職場の口コミや色々な情報を得ることもできるので、海外で暮らすうえで日本人コミュニティはとても大切です。

筆者
筆者

筆者はローカルの職場でも働いた経験がありますが、現地の高校生や大学生とは、やはり友達になりにくいものです。すでに彼らの学校等の友達コミュニティがあり、英語力もネイティブ並みのスピードにはついていけないなかで、わざわざ留学生と友達になろうとはしませんよね。

そんななかで、同じ留学生同士が働くジャパレスでは、友達ができやすいといえるでしょう。

メニューに馴染みがある

ジャパレスのメニューは日本でもなじみのあるものが多いです。また、バンクーバーでは日本食はとても人気が高く、天ぷら(Tempura)、からあげ(Karaage)、ごまあえ(Gomaae)、酢の物(Sunomono)など、いくつかのメニューにはそのまま日本語が使われているほどです。

メニューに馴染みがあるので、メニューの説明をすることも簡単です。「ごまあえってなに?」「いくらってなに?」等の質問を受けることが多々ありますが、日本人ならば当然知っているものばかりですので、答えるのも簡単ですよね。

筆者
筆者

日本ではよく食べるけれど、海外ではあまり食べられない食材について質問を受けることが多かったです。日本のものについて英語で説明する機会が多く、このスキルは日本に帰ってからもきっと役に立つことでしょう。

日本文化を教えられる

ジャパレスに来るお客さんは、日本が好き!という人が多いです。

日本に関する質問をされることも多く、例えば日本でおすすめの観光地や日本語のあいさつ、お店に置いてあるだるまやまねきねこなど装飾品についての説明などを聞かれることもあり、日本文化を通してお客さんとコミュニケーションをとることができます。

筆者
筆者

ジャパレスで働くことは、海外で「日本人であること」の「日本人として働くこと」の意義の一つだと筆者は感じます。日本人気は世界的に高く、日本文化を英語で説明できる人として働くことでやりがいも感じられます。日本に帰ってからの就職にも役立ちますし、様々な質問を通して自分にとっても日本文化の勉強になります。

日本食の英語名を覚える

魚の名前(マグロ、鯛、サバ、ホタテ、うなぎ)や日本食の説明、野菜(レンコン、ごぼう、大根)などの名前を覚えることができます。

留学後に日本に帰って就職を目指す人にとって、特にホテルや飲食業界では、日本の食べ物を英語で説明できることはとても有利に働くのではないでしょうか。海外からの観光客も増えている日本で、とても役に立つスキルです。

筆者
筆者

筆者はジャパレスでの仕事を通して、魚の英語名を非常にたくさん覚えました。サバ(mackerel)やホタテ(scallop)など、ジャパレスで仕事をしていなかったら覚えないような単語に触れる機会が多くありました。

需要が高い→採用率も高い

特にバンクーバーなどの大きな都市では、ラーメン、寿司、居酒屋などなど、ジャパレスの数がとても多いです。数歩歩けばジャパレスに当たると言っても過言ではないほど、ものすごくたくさんのジャパレスがあります。そのため、仕事探しには困らないと言えるでしょう。日本人スタッフの需要も高いので、採用率は高いです。

日本人が経営していないジャパレスがほとんどの中で、オーナーが日本人のスタッフに働いてほしいと思っているところも多いです。

筆者
筆者

バンクーバーではキッチンも含め、ジャパレスの求人は日々大量に出ていました。応募をすれば基本面接に呼んでもらうことができ、多少英語力が不足していても採用率は高いでしょう。

もしお寿司が握れる、魚がさばけるなどのスキルがあれば、寿司シェフといった専門職での採用も期待できます!

賄いで日本食が食べられる

カナダでは、飲食で働くと無料でまかないがもらえる場合がほとんどです。お店のメニューがそのまま出ることもあれば、賄い用のごはんが出ることもあります。どちらにせよ日本食やアジアの料理が出ることが多いでしょう。

そのため、海外で日本食が恋しくなっても職場でお米やお味噌汁などを食べることができます。これはかなり嬉しいポイントではないでしょうか。

筆者
筆者

筆者が働いていたジャパレスでは、お寿司がもらえたり日本風のカレーがもらえたりお味噌汁がもらえたりと、まるで実家のようなご飯を食べることができました。

カナダローカルの職場で働いた際は毎日サンドイッチとスープを食べており、日本人的にはお米が恋しくなることも多かったです。

永住権を目指しやすい

カナダで永住権をとるためには、職場にスポンサーになってもらいワークビザに申し込む必要があります。ローカルの職場に比べて、スポンサーになってもらえる可能性が高いのがジャパレスです。

留学生ばかりですぐに辞めていく人が多いなか、長く働いていてほしいというのはもちろん、オーナーも移民であることが多くスポンサーになっている経験も豊富であることが多いので、ノウハウをわかっている人達が多いです。永住権を目指しているのであれば、ジャパレスは相談がしやすいでしょう。

筆者
筆者

筆者のまわりでも、ジャパレスで永住権を目指している人が多くいました。ジャパレスでは、カナダ人ではなく日本人を採用する理由付けもしやすく、これまでにスポンサーをした経験があるところも多いため、スムーズに行きやすいようです。

ジャパレスで働くデメリット4選【経験談も】

日本語を多く使う環境

日本語が使えるということはメリットでもありデメリットでもありますよね。

ストイックに英語の勉強がしたい!できれば英語しか使いたくない!という人には、やはりジャパレスは物足りないかもしれません。

日本語で仕事をして日本人の友達ができて、休日もその友達と遊びに行って、、、というサイクルがうまれ、そしてそれが居心地がよくなってしまえば、英語を話す機会は結構少なくなります。都市にもよりますが、筆者がCoopをしていたバンクーバーでは、英語がまったく話せなくても生きていける街でした。

とはいえ先述の通り日本人コミュニティも大切なので、英語環境に身を置けるかどうかは、自分の積極的な行動が必要です。

筆者
筆者

筆者の経験からいくと、ジャパレスで働いた一年間よりも、ローカルの職場で働いた半年の方が英語力は伸びました。ジャパレスでは英語を使う環境ではありますが、英語ネイティブの人がいることは少ない印象です。

ネイティブと英語を話したい、日本語環境をできるだけ避けたいという人には、ジャパレスはおすすめしません。

日本とあまり変わらない働き方

皆さんは海外の接客にどのようなイメージをお持ちでしょうか。ジュース片手に同僚と雑談しながら、お客さんとも気軽に会話をしたり、時間やルールはわりとルーズだったりのんびりしていたり…ローカルの一部の職場ではもちろんその通りです。

しかしほとんどのジャパレスでは、接客はとても丁寧で、時間や服装、ルールも厳しく、日本で働くのとそこまで変わらない感覚でしょう。むしろ日本よりも厳しい可能性もあります。日本人の気風には合いますが、「海外で働いている感」は少ないかもしれません。

筆者
筆者

お店にもよりますが、海外の接客方式の方が日本よりも気を使います。客に手を上げさせるのはよくないので常にテーブルのケアをする必要があり、接客がうまくいかないとチップを下げられてしまうというプレッシャーもあるため、想像するようなのんびりした職場の雰囲気は実はちょっと違うかもしれません

知識の幅が増えにくい

日本食の英語名を覚える、と紹介しましたが、レストランで使う英語はかなり限られます。また、先述の通り日本語名がそのまま使われていたりもします。現地の食べ物のことは覚える機会がありません。

また、同僚もほとんどが日本人もしくはほかのアジア人になるので、文化が似ていたり英語ネイティブの人が周りにいなかったりと、筆者の経験上、ローカルの職場に比べると新しい発見が少ない印象があります。

筆者
筆者

筆者はローカルの職場で働き始めてリアルな英語を学び、カナダの馴染みのある食べ物を知り、現地の人と話すことでいろいろな文化や歴史などを知ることができました。これはジャパレスではなかった発見です。

労働環境に問題あり?

職場によりますが、違法な労働環境であることがわりと多いです。いわゆるブラックですね。

残業代が支払われない、法律で定められた休日の時給アップがない、休みを取らせてもらえない、マネージャーの態度がひどい…など、様々な問題が発生します。どこのジャパレスでも同じような問題は発生しており、筆者は辞めた際、最後の半月分の給料が支払われなかったこともあります!

言ってしまえば、使い捨ての労働力…という感覚があり、労働環境はトラブルが多いです。

筆者
筆者

ローカルの職場では、働きを評価されて昇給してもらえたこともありますが、ジャパレスでは絶対にそんなことは起こらないでしょう。海外では能力に見合った給料をくれと言うことが普通ですが、日本では在籍年数やポジション自動的に給料が決まることがほとんどですよね。そういったところも、ジャパレスは非常に“アジアっぽい”職場環境です。

【まとめ】最初はジャパレスがおすすめ!慣れてきたらローカルにもチャレンジ!

というわけで、

✅環境に慣れる

英語を使って働く練習をする

とりあえず仕事を見つける

友達をつくる

という面から最初の職場はジャパレスをおすすめします。

初めは誰しも、英語力が不安だと思います。日常会話はできても、接客は難しそう…と思う人も多いはずです。オンライン英会話なども駆使して、ぜひ留学中でも引き続き英語の勉強を頑張っていきましょう。

ネイティブキャンプでは、24時間予約不要、回数無制限で英会話レッスンが受けられます。

とにかく英語をたくさん話す機会が欲しい!海外に住んでいても時差を気にせずオンラインレッスンがしたい!という人にはおすすめです。7日間の無料トライアルもありますので、ぜひ気軽に始めてみてくださいね。


レアジョブ英会話は今なら対象プランの初月レッスン料が90%オフ!/

キャンペーン期間1月15日(月)15:30~1月23日(火)14:00

※三カ月継続してレッスンを行う必要あり

※月8回プラン、ネイティブパスをのぞく全プラン対象

90%オフの今が英会話を始めるチャンス!まずは無料体験から

そして自信を身に着けたその後はローカルの仕事にもぜひ挑戦してみてください!全く違う新しい世界が広がるはずです。そして英語ネイティブに囲まれることで、英語力もかなり向上するはずです。

掛け持ちや転職も当たり前の世界なので、やりたいと思うことをどんどん挑戦してみてくださいね。

皆さんの海外生活が実りあるものになるよう、応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました